メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

英語で「ファインプリント」とは…

 英語で「ファインプリント」とは細かい印字により、あまり読まれぬようにした文章である。つまり契約書などで目立たないように記された細目やただし書きで、契約者に不利な制限や条件が盛り込まれている▲同じくトランプのババである「ジョーカー」にも、法律や契約書で本来の内容を実質的に無効にしてしまうために忍び込ませるペテン条項という意味がある。この手の小ずるい手口が広告にもよく用いられるのは洋の東西をとわない▲「今ならお得」「みるみるスリムに」。大々的ふれこみのすみっこには「○万円以上お買い上げの方」や「効果は個人差があります」という小さな断り書きが……この手のファインプリントを消費者庁は「打ち消し表示」と呼んでいる▲同庁が先日発表したスマートフォン広告の調査によると、実在の広告に近いサンプル広告で94%以上の消費者が打ち消し表示を見落とした。また過去に実際に購入した人の4割近くに表示見落としによる誤認申し込みの経験があった▲スクロールが必要なスマホの小画面では、なおさら目から遠ざけやすい打ち消し表示である。この表示の分かりにくい広告は景品表示法違反の可能性があるとする同庁は、業者に適切な表示を求め、悪質な事例は摘発する構えである▲「ちゃんと書いてあったでしょう」というジョーカーをつかまされた方は、消費生活センターにご相談いただくのがいい。目を引く広告に出合ったら、すぐに一番目立たぬ場所を探さねばならない今日だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
    4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
    5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです