メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

強制不妊一斉提訴 立証阻む記録不存在 救済、政治決着望む声

不妊手術を強制されたとして提訴し、記者会見で声を詰まらせながら思いを語る飯塚淳子さん(活動名)=仙台市青葉区で2018年5月17日午前11時11分、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された東京、宮城、北海道の70代の男女3人が17日、国に損害賠償を求めて各地の地裁へ一斉提訴した。弁護団は全国規模の集団訴訟に発展させたい考えだが、当事者同士のつながりが薄いうえ、「被害」を立証する手術記録の不存在という壁もあり、訴訟が広がりにくい特異な事情がある。提訴に至っても国の「不作為」や「除斥期間」という二つのハードルを越えなければならず、早期救済のため政治決着を急ぐよう望む声が高まる。【遠藤大志、日下部元美、服部陽】

この記事は有料記事です。

残り2138文字(全文2379文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]