メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

新元号即位直前に公表ずれ込む 「広い受け入れ」へ熟慮

 新天皇の即位に伴う新元号の公表時期が事実上、固まった。政府は当初、国民生活への影響を考慮して今年夏ごろの公表を検討したが、宮内庁や自民党内の意見に配慮し、2019年5月1日の改元の直前にずれ込んだ。

 菅義偉官房長官は17日の記者会見で「新たな元号が広く受け入れられ、生活の中に深く根ざしていくよう慎重な検討が必要だ」と述べた。「改元の1カ月前」はこうした方針に合致する。ただ、菅氏は具体的な公表時期は未定だと繰り返した。

 今回は憲政史上初の退位による代替わりで、即位・改元の時期を政府が決める。政府はまず「19年元日改元…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです