メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

女子レスリング パワハラ問題 指導の透明性、明文化を=松本晃(東京運動部)

記者会見で謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右から2人目)ら=東京都渋谷区で4月6日、藤井達也撮影

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が、教え子で五輪4連覇を果たした伊調馨(33)=ALSOK=らへのパワーハラスメントで引責辞任した。いまだに「根性論」が残る指導法など古い体質が引き起こした問題の根幹には、栄氏が代表選考や指導の実権を握る強化本部長と代表選手を輩出する至学館大(愛知県大府市)の監督を兼任していたことがあると思う。教訓を生かすため、協会は内閣府に近く報告する再発防止策で、強化本部長と所属大学・企業の監督の兼任禁止を明文化すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです