メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

女子レスリング パワハラ問題 指導の透明性、明文化を=松本晃(東京運動部)

記者会見で謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右から2人目)ら=東京都渋谷区で4月6日、藤井達也撮影

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が、教え子で五輪4連覇を果たした伊調馨(33)=ALSOK=らへのパワーハラスメントで引責辞任した。いまだに「根性論」が残る指導法など古い体質が引き起こした問題の根幹には、栄氏が代表選考や指導の実権を握る強化本部長と代表選手を輩出する至学館大(愛知県大府市)の監督を兼任していたことがあると思う。教訓を生かすため、協会は内閣府に近く報告する再発防止策で、強化本部長と所属大学・企業の監督の兼任禁止を明文化すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです