メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

止まらぬインフレ 国営スーパー「票集め」の物資に行列

輸入医薬品が手に入らず、薬局の棚には何も入っていないような状態だ=カラカスで2018年5月16日、山本太一撮影

 【カラカス山本太一】大統領選を控えたベネズエラの首都カラカスでは、物資不足やハイパーインフレなど深刻化する経済危機に市民が苦しんでいる。

 16日、国営スーパーの地下駐車場では市民数百人が順番待ちの長い列を作り、周囲にも数千人が詰めかけていた。米やパスタ、マヨネーズなど1人につき食品2袋分を6000ボリバルで買うためだ。政府が定める米ドルとの公定レートは実態を反映しておらず、実勢レート(1ドル=約70万ボリバル)で0・8セントと格安だ。

 早朝から並んだという女性のアレイダ・ロドリゲスさん(29)は「まともな仕事はなく、2人の子供を食べ…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文942文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです