メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊田・自工会会長

「100年に1度の変革期」 再任会見

豊田章男会長

 日本自動車工業会(自工会)は17日開いた総会で、西川広人会長(日産自動車社長兼最高経営責任者)の後任にトヨタ自動車の豊田章男社長を充てる人事を決めた。豊田氏の就任は2012年以来2度目で、任期は2年。記者会見した豊田氏は、電動化や自動運転など業界を取り巻く環境変化に触れ、「100年に1度の変革期で生きるか死ぬかの戦いが始まっている。オールジャパンで乗り越えたい」と抱負を語った。

     貿易環境の変化にも業界は頭を悩ませている。豊田氏は「為替や輸出の先行きに不透明度が増している。通商問題を巡る建設的な議論が進むことを期待したい」と述べた。製造業で品質を巡る不祥事が相次いでいる点にも触れ、「真因を追及することがブランドの信頼回復につながる」と指摘した。【竹地広憲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
    3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
    5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]