メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ひたひたと迫る濁流、視界を閉ざす煙……。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術を使い、津波や洪水、火事などの災害をリアルに体感できる訓練ツールの開発が進んでいる。「いざという時にちゃんと避難できるきっかけになれば」。開発者の思いを聞き、最先端の防災訓練事情をルポした。

 ●車避難の危うさ実感

 ゴーグルを着け、運転席に座った子どもがハンドルを握る。「うわー、水だ」「戻りたい。助けて」。さっきまでにぎやかだった子どもたちが真顔になる。

 ゴーグルの中のディスプレーに映されたのは、津波に襲われた名古屋市内の交差点のコンピューター映像。V…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1332文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
  4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]