メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国際バラとガーデニングショウ」の内覧会で、色とりどりのバラなどを楽しむ来場者ら=埼玉県所沢市のメットライフドームで2018年5月17日午後、渡部直樹撮影

 国内最大級のバラの祭典「第20回国際バラとガーデニングショウ」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、西武鉄道でつくる実行委員会主催)の開会式が17日、埼玉県所沢市のメットライフドームで開かれ、寛仁親王妃信子さまらが出席し、テープカットなどが行われた。18~23日に一般公開される。

     今回は記念庭園が設けられるなど、会場全てが写真映えする展示内容で、「花のある暮らし」が提案される。問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)。【清藤天】

    移動支局を開設

     毎日新聞社は17日、バラとガーデニングショウが開かれるメットライフドームにPRキャラクター「なるほドリ」のグッズ販売などをする「移動支局」を開設した。ショウの特集紙面や試読紙の配布、1週間試読の申し込み(記念品贈呈)、記念日新聞の受け付けなどを行う。半年以上の新規購読申込者にはバラの苗木をプレゼントする。【清藤天】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
    3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
    5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]