メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル回答 日大、監督指示を否定 乱暴行為教えていない/指導の真意伝わらず

日大の反則行為で、記者会見する関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(奥)。手前は小野宏ディレクター=兵庫県西宮市で2018年5月17日午後2時27分、小出洋平撮影

関学大「誠意ない」

 関学大アメリカンフットボール部は17日、鳥内秀晃監督(59)らが兵庫県西宮市内で記者会見した。日大との定期戦(6日、東京)で選手が相手から悪質なタックルを受け負傷したことへの抗議文(10日付)に対する回答書を「疑問、疑念を解消できていない」と批判した。日大が24日までとした再回答を踏まえ、対応を決める。【来住哲司、村上正】

この記事は有料記事です。

残り1614文字(全文1786文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです