メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
ビジネスサロン

日銀大阪支店・山田泰弘支店長

金融と故郷の懸け橋に

 日銀大阪支店長に9日就任した山田泰弘氏(54)は、初めて出身地の大阪で勤務する。「関西ではこの数十年間、停滞気味の話が多かったが、ここに来て息を吹き返している」と、訪日外国人の増加などによって久しぶりに活況を呈する故郷の印象を語った。

     1987年に日銀に入行して十数回の人事異動を経験したが、異動先はいずれも経験したことがない部署ばかり。日銀では珍しい経歴で「代表的な仕事は全て経験した」と振り返る。そのせいか、「日々新たなり」を座右の銘としている。

     これまでの2年は、金融機構局長として地銀などの経営状況を精査してきた。大阪支店長としても「各金融機関から悩みを聞き、助言したい。低収益環境でも成り立つビジネスモデルを模索する動きを後押ししたい」。金融政策と関西経済の懸け橋の役割を果たそうと意欲を見せる。【宇都宮裕一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
    4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです