メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018春/4 木戸季市さん(78) 戦争被害者、連帯を

連帯を訴える日本被団協の木戸季市事務局長=東京都港区で2018年5月2日、太田康男撮影

 <非核を現実に documentary report 234>

 「二度と戦争を起こさせないために沖縄戦の被害者や空襲被害者と共に戦争全体の被害を償う仕組みを作っていきたい」。5歳の時、長崎市で被爆した木戸季市さん(78)は力を込める。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長になって1年。安倍晋三首相が憲法9条改正に意欲を示す現状を前に、日本被団協の運動方針として初めて戦争被害者の広い連帯を呼びかけようとしている。

 日本被団協は結成から60年以上、国家補償を求めてきた。だが、国は元軍人や遺族に累計60兆円超の補償…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです