メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018春/4 木戸季市さん(78) 戦争被害者、連帯を

連帯を訴える日本被団協の木戸季市事務局長=東京都港区で2018年5月2日、太田康男撮影

 <非核を現実に documentary report 234>

 「二度と戦争を起こさせないために沖縄戦の被害者や空襲被害者と共に戦争全体の被害を償う仕組みを作っていきたい」。5歳の時、長崎市で被爆した木戸季市さん(78)は力を込める。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長になって1年。安倍晋三首相が憲法9条改正に意欲を示す現状を前に、日本被団協の運動方針として初めて戦争被害者の広い連帯を呼びかけようとしている。

 日本被団協は結成から60年以上、国家補償を求めてきた。だが、国は元軍人や遺族に累計60兆円超の補償…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1119文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 大阪震度6弱 エレベーターの閉じ込め相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 心肺停止2人に 大阪市でも81歳男性
  5. 大阪震度6弱 大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]