メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国

エボラ熱、都市部でも感染者 拡大懸念

コンゴ民主共和国

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ中部のコンゴ民主共和国北部でエボラ出血熱の流行が続いている。世界保健機関(WHO)は17日、赤道州の州都ムバンダカで感染者が見つかったと発表。今月初旬に国内で感染が確認されて以来、計44人にエボラ熱の症状が見られ、うち23人が死亡した。遠隔地だけでなく都市部でも感染者が出たことで、爆発的な拡大につながりかねないと懸念されている。

 エボラ熱は2014年に西アフリカの3カ国で大流行し、過去最悪の被害となる1万1000人以上が死亡。…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです