メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・原爆資料館

本館メイン展示に「3日後の少女写真」

原爆投下3日後の広島市で国平幸男元記者が撮影し、原爆資料館本館入り口での展示が決まった少女の写真

来春にリニューアルオープン 毎日新聞記者が撮影

 来春にリニューアルオープンを予定する広島市中区の原爆資料館本館の展示内容を検討する有識者会議が18日、同市内であった。入り口に展示される被爆の実相を表すメイン写真に、原爆投下の3日後に毎日新聞記者が撮影した少女の写真が選ばれた。原爆投下直後に人物を正面から捉えた写真は珍しく、人物が特定され被爆後の人生も伝えられる点などが重視された。

 写真は1945年8月9日、毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)が、広島…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです