メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号即位直前

「広く受け入れ」で熟慮 公表ずれ込む

 新天皇の即位に伴う新元号の公表時期が事実上、固まった。政府は当初、国民生活への影響を考慮して今年夏ごろの公表を検討したが、宮内庁や自民党内の意見に配慮し、2019年5月1日の改元の直前にずれ込んだ。

 菅義偉官房長官は17日の記者会見で「新たな元号が広く受け入れられ、生活の中に深く根ざしていくよう慎重な検討が必要だ」と述べた。「改元の1カ月前」はこうした方針に合致する。ただ、菅氏は具体的な公表時期は未定だと繰り返した。

 今回は憲政史上初の退位による代替わりで、即位・改元の時期を政府が決める。政府はまず「19年元日改元…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文569文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]