メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電

眼鏡端末で業務軽減 原子力、火力発電所の作業員

 東京電力ホールディングスは17日、最新の眼鏡型端末を使い、実際の風景に発電設備のマニュアルやデータが浮かび上がって見えるMR(複合現実)技術を通じた業務効率化の実験を始めた。火力や原子力の発電所で作業員の負担軽減や危険防止につなげる。2019年以降にシステムを実用化し、他電力などへの販売も検討する…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです