メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電

眼鏡端末で業務軽減 原子力、火力発電所の作業員

 東京電力ホールディングスは17日、最新の眼鏡型端末を使い、実際の風景に発電設備のマニュアルやデータが浮かび上がって見えるMR(複合現実)技術を通じた業務効率化の実験を始めた。火力や原子力の発電所で作業員の負担軽減や危険防止につなげる。2019年以降にシステムを実用化し、他電力などへの販売も検討する…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]