メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電

眼鏡端末で業務軽減 原子力、火力発電所の作業員

 東京電力ホールディングスは17日、最新の眼鏡型端末を使い、実際の風景に発電設備のマニュアルやデータが浮かび上がって見えるMR(複合現実)技術を通じた業務効率化の実験を始めた。火力や原子力の発電所で作業員の負担軽減や危険防止につなげる。2019年以降にシステムを実用化し、他電力などへの販売も検討する…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ
  2. ヤマト 法人引っ越し過大請求4.8万件 総額17億円
  3. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  4. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  5. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです