メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

年譜に書かれてない事件=保阪正康

上は5・15事件判決公判の光景(コラージュ・松本隆之)

ファシズムのけん引役に

 昭和のファシズム、つまり軍事主導体制への道を歩み、そして戦争にゆきつくまでの政治体制は、ある日突然できあがるわけではない。ある歌手の歌詞になぞらえるつもりはないのだが、ファシズムは「歩いてこない」、かといって走ってくるわけではない。デモクラシーの背中に張り付いていて、デモクラシーが息切れしてくると、さりげなく前に出て、それからゆっくりと歩きだす。

 ときどき激したように興奮状態になり、その感情を爆発させる。そして走りだしたりするのだ。

この記事は有料記事です。

残り1838文字(全文2068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです