メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

AI時代の生活保障 どう構想するか=中央大教授・宮本太郎

 AI(人工知能)の時代にはBI(ベーシックインカム)を、という議論が盛んである。安定した勤労所得が得られなくなるからこそ、すべての国民に定期的に無条件で現金給付をおこなうベーシックインカムの導入を、というわけだ。フィンランドなどでベーシックインカムの実験がおこなわれていることも背景にある。

 私自身、加齢や障害などを条件とする所得保障に加えて、働いても勤労所得が少ないことを補完する「補完型所得保障」が必要だと主張してきた。その限りではこうした議論も理解できる面がある。しかし、当惑するのはベーシックインカムという言葉によって異なった社会ビジョンが無理に一つにく…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです