メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

五木ひろしと戦後歌謡の原点

 今年70歳を迎えた五木ひろしは5、6歳の時から歌手になりたいと思っていた。ラジオの歌謡番組を聞き、一日中歌っていたという。BS-TBS「五木ひろしが選び歌う 名曲ベスト10」(19日午後6時半)で本人が語っている。年1回の特番で、今回は「昭和を彩った、戦後三羽ガラス&三橋美智也」を特集する。“歌唱歴65年”の五木の、歌への熱い思いと知識に裏打ちされた長時間番組で、資料的価値も十分だ。

 戦後の歌謡史は「焼け跡に希望を与えた」並木路子の「リンゴの唄」(1945年)から語られることが多い…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文518文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]