メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

五木ひろしと戦後歌謡の原点

 今年70歳を迎えた五木ひろしは5、6歳の時から歌手になりたいと思っていた。ラジオの歌謡番組を聞き、一日中歌っていたという。BS-TBS「五木ひろしが選び歌う 名曲ベスト10」(19日午後6時半)で本人が語っている。年1回の特番で、今回は「昭和を彩った、戦後三羽ガラス&三橋美智也」を特集する。“歌唱歴65年”の五木の、歌への熱い思いと知識に裏打ちされた長時間番組で、資料的価値も十分だ。

 戦後の歌謡史は「焼け跡に希望を与えた」並木路子の「リンゴの唄」(1945年)から語られることが多い…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. KYB 免震装置986件で不正 検査データ改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです