メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

五木ひろしと戦後歌謡の原点

 今年70歳を迎えた五木ひろしは5、6歳の時から歌手になりたいと思っていた。ラジオの歌謡番組を聞き、一日中歌っていたという。BS-TBS「五木ひろしが選び歌う 名曲ベスト10」(19日午後6時半)で本人が語っている。年1回の特番で、今回は「昭和を彩った、戦後三羽ガラス&三橋美智也」を特集する。“歌唱歴65年”の五木の、歌への熱い思いと知識に裏打ちされた長時間番組で、資料的価値も十分だ。

 戦後の歌謡史は「焼け跡に希望を与えた」並木路子の「リンゴの唄」(1945年)から語られることが多い…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです