メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

実物大模型が欧州で人気 国際ショーで展示

ベルリン国際航空宇宙ショーで展示されたはやぶさ2の実物大模型=2018年4月、宇宙航空研究開発機構提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大模型が、欧州で人気を集めている。4月にドイツで開催されたベルリン国際航空宇宙ショーで展示されたほか、7~10月には同国にある世界遺産のブレーメン市庁舎に展示されるなど、今年度中は欧州を「巡業」する予定だ。はやぶさ2の実物大模型が海外で展示されるのは初とみられ、模型を制作した宇宙航空研究開発機構(JAXA)は「はやぶさ2は間もなく小惑星に到着する。世界の人たちに挑戦的な探査への関心を持ってもらいたい」と話している。

ベルリン国際航空宇宙ショーで展示されたはやぶさ2の実物大模型。多くの入場者が足を止めて見ていたという=2018年4月、宇宙航空研究開発機構提供

 欧州での展示が実現したのは、はやぶさ2に独仏両国の宇宙機関が共同開発した着陸機「マスコット」が搭載されているためだ。まずドイツ航空宇宙センター(DLR)からベルリン国際航空宇宙ショーとブレーメンでの展示の要請があり、今後、フランス国立宇宙研究センター(CNES)を通じて欧州の他国で展示する可能性があるという。

ベルリン国際航空宇宙ショーで展示されたはやぶさ2の実物大模型。多くの入場者が足を止めて見ていたという=2018年4月、宇宙航空研究開発機構提供

 ベルリンのショーは4月下旬に開催され、DLRブースの中央にはやぶさ2の模型が置かれた。ショーには5日間で約18万人が訪れ、多くの来場者がはやぶさ2模型の前で足を止めていたという。ブレーメン市庁舎は、中世のハンザ同盟都市の歴史を伝える建造物として世界文化遺産に登録されている。ブレーメンはマスコットが製作された「ふるさと」と言える街で、10月上旬には国際宇宙会議が開かれる予定。それに合わせて、7月から市庁舎ホールにはやぶさ2とマスコットの実物大模型を展示する。国際宇宙会議期間中は、会議の会場に展示を移す。ドイツ以外にも展示に関心を示している国があるという。

 ベルリンの会場で説明などに当たったJAXAの庄司義和広報部長は「驚くことに、はやぶさ2を知っているという人が何人もいた。遠い国で、はやぶさ2のことを知っている人に出会えてうれしかった。海外での展示は貴重なチャンス。DLR、CNESとともに、はやぶさ2の挑戦を盛り上げていきたい」と話す。【永山悦子】

7月からはやぶさ2の実物大模型が展示されるドイツの世界文化遺産、ブレーメン市庁舎=2018年4月、宇宙航空研究開発機構提供
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです