メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

劉氏の妻・劉霞さんも初の邦訳詩集

表紙に劉夫妻の写真が載った共著の詩集と、共著を元に邦訳した「毒薬」を手にする田島さん=福岡市中央区で、末永麻裕撮影

「毒薬」 福岡の出版社「書肆侃侃房」から

 2010年に獄中でノーベル平和賞を受賞し、17年に死去した中国の人権活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の妻で中国政府に軟禁生活を強いられている詩人の劉霞(りゅう・か)さん(57)の初の邦訳詩集「毒薬」が、福岡市の出版社、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)から出版された。同社の代表で詩人の田島安江さん(72)が邦訳した。

 田島さんは、14年に劉氏の初の邦訳詩集「牢屋の鼠(ねずみ)」も手掛けている。きっかけは、ノーベル賞…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1161文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです