メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

イタリア 最大級の見本市「ミラノサローネ」 日本の「技」に注目 中小企業、海外に販路探る

せったの産地で知られる奈良県三郷町の「デザインセッタサンゴウ」は地元職人が手掛けた新作を出展。かわいらしいデザインが来場者を魅了した=2018年4月17日、ミラノ市内で三沢耕平撮影

 モノづくりに携わる企業や個人が最新作を披露する世界最大級の見本市「ミラノサローネ」が4月、ミラノ市内で開かれた。日本からも多くの企業が「たくみの技」を注いだ自慢の品々を出展。日本が誇るクールジャパンは外国人の目にどう映るのか。180カ国以上から約40万人が訪れ、お祭りムード一色に染まった市内を歩いた。

 「許されるなら全て買い占めたいわ」。多くの日本企業が出展ブースを設けたミラノ中心部・トルトーナ地区…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです