メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

手指のしびれが改善しない=答える人・新井康久院長(東京都リハビリテーション病院)

 Q 手指のしびれが改善しない

 約30年前から左手指がしびれ、頸椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)と診断されました。退職後に投薬と手術を受けましたが、しびれが広がり、生活にも支障があります。(福岡県、男性、79歳)

 A 適切な時期に手術を

 後縦靱帯は背骨の脊柱(せきちゅう)管内の腹側を首から腰にかけて通っており、椎体や椎間板とともに首の骨を正常な位置に保ち、脊髄を保護する役割があります。この靱帯が骨のように硬くなって起こるのが頸椎後縦靱帯骨化症です。脊髄などが圧迫され慢性的な手足のしびれ、肩こりや首の痛み、頻尿などの症状を起こします。

 日本人、特に50代の男性に多く、遺伝や糖尿病、肥満との関連が考えられていますが、詳しい原因は不明で…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文950文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです