メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

新装・JR東京駅前広場 時を重ねる景観とは

「世界一美しい広場」ともいわれるイタリア・シエナのカンポ広場=2日

 JR東京駅の皇居側に新装なった「丸の内駅前広場」(東京都千代田区)は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて「東京の新しい顔」にと期待されている。完成式典には天皇、皇后両陛下、安倍晋三首相が出席した。日本を代表すべき景観として発信されたのだと思う。

 その目で広場に立つと、一つの特徴が見える。

 ここの主要な要素は、まず東京駅。12年、1914(大正3)年の創建時の姿に復元された。鉄骨れんが造り3階建ての当初の駅舎は、45(昭和20)年の空襲で3階が焼失。応急の復旧工事によって2階建てに変わっていたのを元に戻した。

 丸ビル。23(大正12)年にできた9階建てを2002年、37階(180メートル)に建て替えた。その…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
  4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]