メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

是枝監督、カンヌ最高賞 不完全な「家族」見つめ

 是枝裕和監督が描く家族は、円満で安らぎの場となるような理想像とはほど遠い。問題を抱え、時に関係がギクシャクする“不完全”なものばかり。「かけがえがないが、同時にやっかいでもある存在」が、家族だと言う。そんな家族の本音を誰もが共感できる物語の中に描きつつ、背景に社会のありようも見つめてきた。深く鋭い、そして温かいまなざしが、是枝作品の持ち味だ。

 是枝監督は早稲田大卒業後、テレビマンユニオンでドキュメンタリー番組を制作。1995年、初の劇映画「…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文752文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです