メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

是枝監督、カンヌ最高賞 不完全な「家族」見つめ

 是枝裕和監督が描く家族は、円満で安らぎの場となるような理想像とはほど遠い。問題を抱え、時に関係がギクシャクする“不完全”なものばかり。「かけがえがないが、同時にやっかいでもある存在」が、家族だと言う。そんな家族の本音を誰もが共感できる物語の中に描きつつ、背景に社会のありようも見つめてきた。深く鋭い、そして温かいまなざしが、是枝作品の持ち味だ。

 是枝監督は早稲田大卒業後、テレビマンユニオンでドキュメンタリー番組を制作。1995年、初の劇映画「…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文752文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです