メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

硫黄島、戦没者遺骨の現状は? なお1万体が不明 捜索にレーダー導入=回答・栗原俊雄

硫黄島航空基地の滑走路=今年1月、本社機「希望」から須賀川理撮影

 なるほドリ 東京都小笠原村(おがさわらむら)の硫黄島(いおうとう)で、国が何かの調査をしているらしいね。

 記者 第二次世界大戦で亡くなった人たちの遺骨(いこつ)を滑走路(かっそうろ)地区で探す調査です。硫黄島は大戦末期の1945年2~3月に日米両軍が激突(げきとつ)し、日本軍約2万1900人、米軍6821人が亡くなりました。米軍は遺体、遺骨を全て収容しましたが、日本軍は1万体以上が見つかっていません。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文878文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです