メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

認知症と暮らす意味とは? 精神科医 長谷川和夫氏

人として同じ目線で

 認知症研究の第一人者で、検査法を確立したことで知られる精神科医の長谷川和夫さん(89)が昨年、認知症の発症を公表した。「普通に暮らす私の姿を見て、認知症になっても大丈夫と安心してもらいたかった」と話す。自ら患者の立場になり、認知症ケアにおける「一人の人間として尊重する」ことの意味をかみしめているという。【聞き手・原田啓之、写真・太田康男】

--認知症の発症に気付いたのはいつごろですか。

この記事は有料記事です。

残り2718文字(全文2921文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです