メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

認知症と暮らす意味とは? 精神科医 長谷川和夫氏

人として同じ目線で

 認知症研究の第一人者で、検査法を確立したことで知られる精神科医の長谷川和夫さん(89)が昨年、認知症の発症を公表した。「普通に暮らす私の姿を見て、認知症になっても大丈夫と安心してもらいたかった」と話す。自ら患者の立場になり、認知症ケアにおける「一人の人間として尊重する」ことの意味をかみしめているという。【聞き手・原田啓之、写真・太田康男】

--認知症の発症に気付いたのはいつごろですか。

この記事は有料記事です。

残り2718文字(全文2921文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]