メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

ほまれ酒造(福島県)/中 6年連続日本一の意義

IWCで最高位を受賞し、内堀雅雄・福島県知事(左)から祝福を受ける唐橋裕幸社長=英ロンドンで2015年7月16日、坂井隆之撮影

 <since 1918>

飯豊山の伏流水 会津の誉れに 市場開拓へ挑戦

 「全国新酒鑑評会金賞受賞数、6年連続日本一」。5月17日、福島県は史上初の6連覇を達成した。同鑑評会は1911(明治44)年に始まり、現在は独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が共催する新酒の吟醸酒の鑑評会で、品質内容が特に優秀と認められた作品に金賞が贈られる。

 金賞受賞数は各都道府県の酒造技術のバロメーターであり、60以上ある県内酒蔵が切磋琢磨(せっさたくま…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文768文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]