メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

G1、7勝オペラオー死ぬ

第123回天皇賞を制したテイエムオペラオーと和田竜二騎手=大崎幸二撮影

 2000、01年の天皇賞(春)を連覇するなど中央競馬のG1で最多タイの7勝を挙げたテイエムオペラオー(牡22歳)が17日、北海道新冠町の白馬牧場で心臓まひのため死んだ。日本中央競馬会(JRA)が20日、発表した。

     1998年デビュー。00年は天皇賞の春秋制覇など出走した重賞8戦をすべて勝ち、G15勝。01年も天皇賞(春)で2年連続優勝を果たした。通算26戦14勝で獲得賞金は歴代2位の18億3518万9000円。種牡馬としてはまだ、G1馬は出していない。【藤倉聡子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです