メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米女子ゴルフ

惜敗も畑岡すっきり「ベストは尽くせた」

 米女子ゴルフのキングズミル選手権は20日、バージニア州ウィリアムズバーグのキングズミル・リゾート(パー71)で行われ、19歳の畑岡奈紗は1打差の2位から最終ラウンドで67と伸ばし、通算14アンダー、199で臨んだプレーオフで敗れ2位だった。米ツアーでの自己最高成績。

 3人によるプレーオフは1ホール目に田仁智(韓国)が脱落。2ホール目にアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)がバーディーを奪い、畑岡を退けた。22歳のアリヤは今季ツアー初、通算8勝目で賞金19万5000ドル(約2165万円)を獲得した。69で回った上原彩子は通算8アンダーの10位。

 大会は悪天候の影響で54ホールに短縮された。(共同)

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです