メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

災害や疫病などによっても元号が変わった昔…

 災害や疫病などによっても元号が変わった昔、室町時代の後花園(ごはなぞの)天皇は36年の在位の間に8度も改元しているという。一世一元の制となった明治より前は、平均すると5年に1度は改元していることになるそうだ▲こう改元が頻繁(ひんぱん)だと庶民には元号は縁遠いものだったが、こんな狂歌もある。「年号は安く永しと変われども諸色高直(しょしきこうじき)(なんでも値上がり)今にめいわ九(く)」。明和9(1772)年の安永への改元に諸物価高騰の迷惑をからめている▲「上からは明治だなどというけれど治明(おさまるめい)と下からは読む」。これは新政府の開化政策に反発する江戸っ子の胸の内を詠んだ狂歌である。さて来年5月の改元は長い準備期間のある点で日本史上初めての新元号になる▲政府は来年の新元号の公表時期につき、改元の1カ月前を想定して準備を進めるという。各省庁のシステム改修が約1カ月でできる見通しが立ったためらしい。それは分かったが、では「下」、いやいや国民の都合は聞いてのことか▲企業がシステム改修を委託するIT業者は殺到する依頼をさばかねばならない。思わぬエラーに備えたシステムの検証にも時間は必要だろう。本格的IT時代に迎える初の改元とあれば、せっかくの準備期間は十分に生かしてほしい▲最終的な公表時期は、新元号を国民の生活に根ざすものにしたいと語る首相の判断に委ねられそうだ。まずは「めいわく」や「おさまるめい」の声にもていねいに応えてもらいたい21世紀の改元である。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
    2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
    3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
    4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
    5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです