メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

埋もれた苦悩=玉木研二

 <ka-ron>

 旧優生保護法のもと、遺伝性疾患や障害などを理由に不妊手術を強いられた人々がその不当を訴え、国という壁に挑んでいる。「人間としての尊厳」を回復しようという叫びでもある。

 若い世代の記者らが埋もれた過去を掘り、キャンペーンを張っている。その暗然とさせる事実に動揺し、ほとんど思いも致さなかった隠れた実態に私は自分の無知を知る。

 旧法にからんで改めて思い起こす「放言」がある。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです