メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「発見」されたマクリ政権の弱点=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 アルゼンチンの通貨ペソは急落し、国際通貨基金(IMF)に緊急融資を依頼した。

 10年物米国債利回りが3%を上回ると、全面的ドル高となる。アルゼンチン・ペソはこの1カ月半で急落した。1年前は安定的で、1ドルは15・4ペソ前後だった。今年5月に政策金利を40%に引き上げたが24・4ペソまで下落し、1年前と比べると37%減価した。

 2001年のアルゼンチンの通貨危機では、IMFにかけ込んだが、IMFの課す財政規律維持策に耐え切れ…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです