メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

反米政権継続 再選挙には応じない構え

再選を決めた反米左派「統一社会党」のマドゥロ・ベネズエラ大統領=2018年5月20日、AP

 【カラカス山本太一】経済危機が深刻化する南米ベネズエラで20日、大統領選が実施された。選管当局は反米左派「統一社会党」のマドゥロ大統領(55)が再選したと発表した。野党候補は「違法行為があった」として再選挙を求めたが、マドゥロ氏は応じないとみられる。

 任期は2019年から6年間。チャベス元大統領が1999年に就任して以降、約20年間続いた反米左派政権が継続する。

 選管当局の中間集計(開票率92.6%)によると、マドゥロ氏が約582万票を得票し、野党「先進革新主…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです