メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

反米政権継続 再選挙には応じない構え

再選を決めた反米左派「統一社会党」のマドゥロ・ベネズエラ大統領=2018年5月20日、AP

 【カラカス山本太一】経済危機が深刻化する南米ベネズエラで20日、大統領選が実施された。選管当局は反米左派「統一社会党」のマドゥロ大統領(55)が再選したと発表した。野党候補は「違法行為があった」として再選挙を求めたが、マドゥロ氏は応じないとみられる。

 任期は2019年から6年間。チャベス元大統領が1999年に就任して以降、約20年間続いた反米左派政権が継続する。

 選管当局の中間集計(開票率92.6%)によると、マドゥロ氏が約582万票を得票し、野党「先進革新主…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです