メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

遠藤、22日から再出場 結びで白鵬戦(スポニチ)

大相撲夏場所9日目(2018年5月21日 両国国技館)

 新小結の遠藤(27=追手風部屋)が10日目の22日から再出場することになった。結びで横綱・白鵬(33=宮城野部屋)と対戦する。6日目の御嶽海戦で右腕を負傷。「右上腕二頭筋遠位部断裂」との診断書を提出し休場していた。

     師匠の追手風親方(51=元幕内・大翔山)は21日、「20日の夕方に稽古をして、今朝(出場を)決めた」とコメント。痛みや違和感は残るが、遠藤自身の希望もあり、手術をせずに再出場することが決まった。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
    5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです