メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「人権」という考え方は近代になって出現した、とすでに書いた。もうひとつ「データに基づいてものを考える」という姿勢も近現代特有のものだ。

 江戸時代の情報は「読み売り」と呼ばれ読みながら売った。事実に基づくというより、事実を織り込みながら語り物、芝居、読み物類をない交ぜて物語化し、関心を呼ぶのである。瓦版は地震の被災人数や大火の焼失範囲を知らせることもあったが、足で集める取材方法には限りがある。徴税のための人口や生産量把握は比較的正確だったが、市民が自らの生活の質を上げるためにデータを入手できるのは、やはり現代ならではなのだ。今やデータは、人権を守るためにも重要な道具である。

 国会で働き方改革関連法案の議論が大詰めを迎えている。これに関して、データの誤りを指摘した研究者に対…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです