メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「人権」という考え方は近代になって出現した、とすでに書いた。もうひとつ「データに基づいてものを考える」という姿勢も近現代特有のものだ。

 江戸時代の情報は「読み売り」と呼ばれ読みながら売った。事実に基づくというより、事実を織り込みながら語り物、芝居、読み物類をない交ぜて物語化し、関心を呼ぶのである。瓦版は地震の被災人数や大火の焼失範囲を知らせることもあったが、足で集める取材方法には限りがある。徴税のための人口や生産量把握は比較的正確だったが、市民が自らの生活の質を上げるためにデータを入手できるのは、やはり現代ならではなのだ。今やデータは、人権を守るためにも重要な道具である。

 国会で働き方改革関連法案の議論が大詰めを迎えている。これに関して、データの誤りを指摘した研究者に対…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文773文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]