メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

情報公開と説明責任=粥川準二(科学ライター)

 5月14日、石川県農林総合研究センター畜産試験場で、世界初のクローン牛「のと」が死んだ。「のと」は1998年7月、近畿大学と同センターの共同研究で双子の「かが」とともに生まれた。19歳10カ月で、自然死だと見られる。「かが」は元気だという。

 「のと」と「かが」が生まれた当時、筆者はバイオテクノロジーに興味を持ち始めたばかりで、すぐに雑誌の仕事を企画して見に行った。事務所で対応してくれた人に技術的なことを質問しようとすると、「質問にはいっさい答えないように、と言われています」と説明され、何も聞けなかった。一方で近畿大学の研究者にも取材を申し込んだのだが、「農水省でも同じこ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです