メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦 第2局 右上で競り合い

対局開始を待つ本因坊文裕(手前左)と挑戦者の山下敬吾九段。少し離れて立会人らが見守った=京都市中京区の二条城で2018年5月23日午前8時52分、川平愛撮影

 <大和証券>

 <先番・本因坊文裕-山下敬吾九段>

 京都市中京区の世界遺産・二条城で23日、第73期本因坊決定戦七番勝負第2局が始まった。江戸時代、最初の御城碁(おしろご)が打たれたとされる二条城は、十五代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返上する大政奉還を表明した日本史の転換点の場でもある。本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=と挑戦者・山下敬吾九段(39)の対局は、長い伝統を誇る本因坊戦の歴史にも特別な一ページを加えるものになった。

 午前9時前、鶯(うぐいす)張りの廊下を通って山下、文裕の順に国宝・二の丸御殿大広間の「二の間」に入…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです