メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大

立て看板規制 「表現の自由脅かす」 弁護士138人が声明 /京都

 京都大による吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板規制を巡り、京都や大阪などで活動する弁護士138人が22日、憲法で保障された表現の自由を脅かす危険があるなどと指摘する共同声明を発表した。京大に対し、立て看板の強制撤去の見直しを強く求めている。同日付で京大と、規制理由である屋外広告条例を定めた京都市に送付する。

 声明は「学生が設置する立て看板は大半が意見表明や学内団体の活動に関するもので、学生の自主的な活動を…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文424文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
  5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]