メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊手術、実態調査を 障害者団体、知事に要望書 /兵庫

兵庫県への要望書について記者会見する石地かおるさん(前列左から2人目)ら障害者団体のメンバー=同県庁で、井上元宏撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく強制不妊手術の実態調査を求め、県内の障害者団体などが22日、井戸敏三知事宛てに要望書を提出した。全国に広がった「不幸な子どもの生まれない運動」(66~74年)を始めた県の責任も指摘し、徹底調査と被害者への謝罪と救済を求めた。

 県は強制不妊手術について、個人を特定できる資料は見つからなかったとしている。

 障害者の全国組織「DPI日本会議」が呼びかけ、同会議と県内4団体が要望書を提出した。公文書に加えて…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文440文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]