メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質反則 「監督、コーチが指示」 日大選手が謝罪

記者会見で謝罪する日大の宮川泰介選手=東京都千代田区で2018年5月22日午後3時3分、小川昌宏撮影

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京都調布市)で、関学大のQBを悪質な反則タックルでけがをさせた日大3年生の宮川泰介選手(20)が22日、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。反則に至った経緯を「私の独断ではない」と話し、内田正人前監督(62)=19日付で辞任=やコーチらの指示と明らかにした。日大は22日、改めて指示を否定する文書を発表した。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです