メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

原発にテロ対策施設? 攻撃受けても炉の冷却継続 核の安全確保、世界的課題=回答・岩間理紀

テロ対策の拠点施設の着工が認められた川内原発1号機(右手前)=鹿児島県薩摩川内市で2015年7月6日、本社ヘリから和田大典撮影

 なるほドリ 九州の原発でテロに備えた施設(しせつ)ができるんだって?

 記者 2001年の米同時多発テロ以降、原発など核(かく)施設への攻撃(こうげき)や核燃料物質(ねんりょうぶっしつ)の盗難(とうなん)を防ぐ「核セキュリティー」が世界的に課題となってきました。日本ではやや対応が遅れ、11年3月の東京電力福島第1原発事故を踏まえて作られた原発の新規制基準(しんきせいきじゅん)で、テロなどの際の対応拠点(たいおうきょてん)となる「特定重大事故等対処施設(とくていじゅうだいじことうたいしょしせつ)」(特定施設)の設置が義務付けられました。まず九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)で今月、特定施設の着工を原子力規制委員会が初めて認可しました。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです