メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

国家公務員の不祥事

岡本全勝氏

 公文書を国会答弁と整合するように書き換え、記録があるのに「ない」と主張し続け、揚げ句の果てに財務省の事務方トップがセクハラ問題で辞任せざるを得なくなった。優秀とされてきた日本の国家公務員のモラルはどこへいったのか。耳を疑うような不祥事がこのところ相次いでいる背景に何があるのか。

現場の声、政策に生かせ 岡本全勝・内閣官房参与

 中央省庁で問題が相次ぐ現状は国民の官僚への信頼を大きく損なうもので、非常に残念だ。一連の問題を(1…

この記事は有料記事です。

残り4325文字(全文4538文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです