メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

国家公務員の不祥事

岡本全勝氏

 公文書を国会答弁と整合するように書き換え、記録があるのに「ない」と主張し続け、揚げ句の果てに財務省の事務方トップがセクハラ問題で辞任せざるを得なくなった。優秀とされてきた日本の国家公務員のモラルはどこへいったのか。耳を疑うような不祥事がこのところ相次いでいる背景に何があるのか。

現場の声、政策に生かせ 岡本全勝・内閣官房参与

 中央省庁で問題が相次ぐ現状は国民の官僚への信頼を大きく損なうもので、非常に残念だ。一連の問題を(1…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです