メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

大川小訴訟判決が伝えるもの 「事前防災」発信の原点に=百武信幸(石巻通信部)

現地を視察する(手前左から)仙台高裁の潮見直之裁判官と小川浩裁判長。遺族の説明を受け、旧大川小から高台の位置を確認した=石巻市で昨年10月4日、百武信幸撮影

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小を巡り、児童23人の遺族が起こした訴訟は、仙台高裁が4月26日、当時の校長らと市教委の事前防災の不備を認め、市と県に14億円余の賠償を命じた。市と県は「校長らに専門家並みの知識を求めるのは無理があり、学校現場にあまりに過大な義務を課す」と上告した。結論は最高裁に持ち越されるが、高裁判決は、全国の教育現場に事前防災の重要性を初めて法的義務として突きつけた画期的なものだ。

 私は震災直後、東京から被災地へ入り、同小で子どもを捜す保護者と偶然出会って以降取材を続けている。仙…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです