メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ES細胞

医療用作製 京大、7月にも提供開始

 京都大は22日、再生医療に使うヒトES細胞(胚性幹細胞)を国内で初めて作製したと発表した。早ければ7月から国内の医療機関などに提供を始める。ES細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)と同じく体のさまざまな組織に分化できる万能細胞で、臨床応用が期待される。

 ES細胞は受精卵を壊して作る倫理的問題が指摘され、国は基礎研究に利用を限定。臨床応用はiPS細胞が先行していた。一方、海外では再生医療へのES細胞の活用が進み、国は2014年に新指針を作り、安全性を向上させた医療用細胞の作製を認めた。

 京都大は昨年3月、医療用ES細胞の作製計画を国に申請。京都市の「足立病院」と提携し、不妊治療で使わ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 韓国、日本に検証を改めて要請 レーダー照射問題
  3. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダー測定高度も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです