メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

船の仕事、丹念に描く 「かもつせんのいちにち」

 福音館書店が発行する月刊誌「かがくのとも」の2018年3月号「かもつせんのいちにち」(谷川夏樹作・絵)が、月刊誌としては異例の9万部を超える売れ行きで注目を集めている。

 「かもつせんのいちにち」は、国内の港を行き来し、資材や砂利、貨物の運搬を担う「内航船」の一日を描いた絵本だ。一度に大量の貨物を運ぶ内航船は、国内物流の要として人々の暮らしを下支えしてい…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです