メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車いすラグビー

ジャパンパラウィルチェアーラグビー あす千葉で開幕 「20年東京」へ試金石 多様な選手、多彩な戦術

 車いすラグビーの国際対抗戦「ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会」が24日、千葉市の千葉ポートアリーナで開幕する。日本(世界ランキング4位)、英国(5位)、スウェーデン(6位)、フランス(7位)の4カ国が出場し、27日まで熱戦を繰り広げる。銅メダルを獲得した2016年リオデジャネイロ・パラリンピックをステップに20年東京大会での金メダル獲得を目指す日本。2年目を迎えたケビン・オアー監督体制の下、8月の世界選手権への試金石となる大会で飛躍が期待される。【谷口拓未】

 車いすラグビーは、障害の程度によって選手に持ち点(ポイント)があり、コートに立つ4人を8点以内で構…

この記事は有料記事です。

残り1951文字(全文2238文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです