メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「減塩外来」を開設した渡辺尚彦医師。30年以上前から携帯型の血圧計を装着し、血圧の動きを記録し続けている=千葉県柏市の聖光ケ丘病院で、矢澤秀範撮影

 簡単そうで難しい「減塩」を無理なく続けることはできないだろうか。千葉県内の病院に日本で初めて「減塩外来」を開設した渡辺尚彦(よしひこ)医師は独自の方法で指導している。

 ●徐々に慣れる食事

 高血圧を中心とした循環器病が専門の渡辺さんは、普段の生活を少し工夫するだけで血圧を下げるさまざまな方法を提唱し「ミスター血圧」と呼ばれる。1987年8月から携帯型の血圧計を装着し、血圧の動きを記録し続けている。「減塩は患者側はもちろん、医師や管理栄養士といった指導者側にも『難しい』という意識の人が多い。まずその先入観を変えなければいけません」

 減塩の指導歴は30年以上。患者の食や生活習慣を把握し、丸1日(24時間)に排出された尿を全て集めて…

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2539文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです