メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 「皆保険」の基盤を守れ 国保の都道府県化=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

 だれでも、いつでも、どこででも医療サービスを受けられる「国民皆保険」は1961年度に始まった。主に自営業者対象の国民健康保険(国保)の設立を全市町村に義務づけ、この体制が成り立った。

 その国保が4月から大きく衣替えした。なぜ、どう変わるのか。

 国保は産業構造の激変を映す鏡だ。発足時、加入者の4割強は農林水産業者だったが、今や3125万人余のうち2・3%に激減した。最多は年金生活者ら「無職」で4割強を占める。

 国保は人口構造の激変も体現する。2008年度に75歳以上対象の「後期高齢者医療制度」が創設され、国…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです