メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大選手の陳述書(要旨)

 記者会見の冒頭で日大選手が読み上げた陳述書の要旨は次の通り。

 <はじめに>

 最初に、けがをさせてしまった関学のQB、ご家族、関学アメフト部、関学大関係者の皆様並びに日大のチームメートに、ご迷惑をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます。ただ、私の独断ではありません。

 <5月3日>

 今年度の試合は4月に2回行われていますが、私は先発で出場しました。5月3日の練習でプレーが悪かったということでコーチから練習を外されました。監督、コーチから「やる気が足りない。闘志が足りない」という指摘を受けるようになっていたので、このプレーをきっかけに外されたのだと思います。その後、監督から「宮川なんかはやる気があるのかないのか分からないので、そういうやつは試合に出さない。やめていい」、井上コーチからは「お前が変わらない限り、練習にも試合にも出さない」と言われました。

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです