メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 勝負したい統一王者=村田諒太

 (カットは直筆)

 今回はミドル級の統一王者、ゲンナジー・ゴロフキン(36)=カザフスタン=について書かせてもらいます。

 ゴロフキンは現在、世界ボクシング協会(WBA)のスーパー王座と、国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング評議会(WBC)のタイトルを持つ選手です。ここで「あれ、WBAは村田選手がチャンピオンでは」と疑問を持つ方もいるでしょう。少し「スーパー王座」について説明します。

 世界王者が複数団体のベルトを統一すると、各団体にランクされている選手は、挑戦のチャンスが減る可能性…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1029文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです